クラウドに移行したグループウェア

バナー

クラウドに移行したグループウェア

グループウェアは、情報を共有するという面では非常に魅力的なものなのですが、導入するには初期投資が必要でした。

まずサーバーが必要でしたから、多くの企業は自社サーバを設置して、そしてそのサーバーにグループウェアをインストールして用いていました。

しかし、これには大きな初期費用がかかるというデメリットがあり、どんな企業でも導入できるものではなかったのです。しかし、最近では導入コストはかなり小さくなりました。


その理由はインターネットに接続する費用が安くなったことと、ブラウザの技術が発達したことです。

現在では自社サーバーを設置していなくても、クラウドベースで利用する事ができます。
ですから、インターネットに接続できる端末があれば、簡単にアクセスができるのです。

例えば、パソコンがなくてもタブレットでグループウェアを利用する事ができます。


最近のグループウェアは、特別なソフトウェアをインストールしなくても、ブラウザがあれば利用できるようになっています。
タブレットには標準でブラウザがインストールされていますから、これを用いることによってアクセスが可能です。



タブレットがなくても、スマホからもアクセスできるメリットがあるのです。ですから、サーバー側の設定は必要になりますが、クライアント側での設定が不要になり、それによって導入コストは非常に小さくなったと考えられます。

安心できるTwitterの詳細は専用ホームページで紹介しています。

クラウドに移行することによって、さらにコストは抑えられるようになったのです。





Copyright (C) クラウドに移行したグループウェア All Rights Reserved.