東海方面から飛行機でスキーに出かける

東海方面からスキーに出かける場合には、さまざまな手段が考えられます。

近場の岐阜県、長野県内にあるゲレンデに向かうのであれば、新幹線や特急列車と、最寄り駅からのシャトルバスを乗り継いで行く方法があります。また、東海北陸自動車道や中央自動車道などの高速道路を経由して、マイカーで向かう方法もあります。

こうした場合、運転を本人がしなければならなかったり、発車時刻や乗り換え場所を調べなければならなかったりと、何かとわずらわしいものです。そこで、旅行代理店などが取り扱っているパッケージツアーに申し込んでしまえば、こうした手間の部分はかなり解消されます。東海方面からのスキーツアーの場合も、電車、バス、飛行機と、移動の手段はわかれており、それぞれに目的地とする場所も異なっています。

そのなかでも、できるだけ遠くのスキー場で本格的に滑りたい場合には、やはり、飛行機を利用するプランでパッケージツアーに申し込みをするのがよいといえます。東海方面の場合、名古屋空港や中部国際空港などがありますので、他の地域に比べると、交通の条件としては恵まれています。

このような空港を出発地として、北海道や東北方面まで飛行機で向かい、空港到着後はシャトルバスへの乗り換えとなります。現地のゲレンデでひと滑りしたあとは、リゾートホテルなどに宿泊をするパターンが考えられますが、各種のアメニティの設備はそろっていますので、滞在中の不便もありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *