尾瀬の山小屋に宿泊するメリットとデメリットについて

尾瀬の山小屋に宿泊すると、キャンプをしている気分になる、いざという時のための知識が増えるなどがメリットです。

例えば大学生が山小屋に宿泊をする時は、自身で薪に火を点ける作業が必要になります。薪に火を点けたらお風呂を用意する際に使用したり、ご飯を炊いたり味噌汁を作る作業に使います。火を点けるのはライターを使うと楽ですが、所持していない場合は、何らかの摩擦を用いた原始的な発火を試してみるといいです。

上手く火を点けることができれば、良い経験として記憶に残ります。そして、その当時のことを家族や友人に話してあげると、すごいと言って褒めてもらえる結果につながります。また、尾瀬の山小屋の管理者がいる時は、生活をする方法を色々と教わっておくといいです。尾瀬で学んだ知識は、いつ来るかわからない災害が発生した際に役立つので、必要と感じた時はメモ帳に書いておくべきです。メモに残っていると、その知識を家族に伝えることも可能です。デメリットは山小屋へ到着するまでの道のりは結構きつい、バスで移動をする時は酔うことがあるなどです。

山道を歩くことになるため、都会で暮らしている人はきついと感じても不思議ではないです。普段から常に運動をしている場合は、急な山道でも疲労を感じにくいと思われます。また、バスで尾瀬へ移動する時は、酔う場合があるので注意です。目的地へ到着するまで眠るか、酔い止め薬を飲んでおくと対策につながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *