関東地方のスキーツアーとは

ウインタースポーツの花形とも呼べるスキーですが、この時期が到来すると旅行会社ではさまざまなパッケージツアーのプランを企画して、全国の代理店などでいっせいに募集が開始されます。

やはりスキーの本場といえるのは北海道や東北地方などの積雪が多い地域で、全国にその名前をとどろかせる有名なゲレンデがあるのは事実ですが、関東地方のなかだけでも、意外とスキーを思う存分に楽しめる場所はあるというのが実際のところです。

東京都内などの関東地方から出発するスキーツアーの場合、もちろん飛行機や新幹線などを使って北海道などの遠方まで出掛けるプランはいくつもあります。そのほかにも関東地方の内部にあるゲレンデに向かう日帰りのプランなども最近では多くなっており、なかなか休暇がとれない社会人などの忙しい人たちにとっては人気です。

関東地方のなかでも那須連山、赤城山や榛名山などの上毛三山などは、冬場の積雪も十分でゲレンデがいくつも開設されている絶好のスポットです。高速道路を使えば日帰りでも十分に移動ができる範囲にあるところもポイントといえます。またこうした地域には温泉もあるため、スキーとともに温泉に浸かってリフレッシュすることも可能です。

この場合は日帰りではなく現地にある温泉ホテルなどに宿泊をするパターンとなります。料金の面では宿泊をする分だけ金額が増えることにはなりますが、飛行機利用などにくらべると交通費が少なくてすむことから、同じ予算ならばかえって近場の関東のほうがメリットが大きいことがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *