尾瀬のバスツアーの特徴と魅力

ミズバショウや初夏の湿地の風景を歌った歌詞で知られる古くからの観光地・尾瀬のバスツアーは、現代でも多くの人の人気を集めていて、都内や関東の近県の主要駅から年に何回ものツアーがおこなわれています。

真夜中に関東の主要駅から出発するコースや朝に出発するコースがあり、いくつもの会社によって提供されているのが特徴です。真夜中に出発するコースは、バスでの車中泊を経て早朝現地に到着、清々しい早朝の空気を満喫しながらハイキングができる尾瀬のバスツアーです。湿原の先にある山の方まで歩き、帰りには温泉に立ち寄ることもできることもあります。

また朝に出発して夜に帰宅する尾瀬のバスツアーでは、比較的参加しやすい入山口から近い場所のハイキングがメインで、季節によってミズバショウやニッコウキスゲなどの花が見られる名所をめぐります。国立公園の自然保護地域になっている湿原や山々があり、歩道以外への立ち入りができないため、貴重や動植物の宝庫となっているのがこの地域の特徴です。

そんな尾瀬にバスツアーを利用して行くメリットには、安い費用で小旅行が楽しめるということが挙げられるでしょう。そのほかバスに乗ってしまえば目的地まで連れて行ってもらえるので、往復の道のりについてあまり気にしなくて良いということもあります。登山やハイキングをするのに向く服装や防寒・雨具の装備は必要となりますが、尾瀬のバスツアーは気楽に楽しめるのが魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *