東京大阪間で夜行バスを利用するメリット・デメリット

東京と大阪間を結ぶ交通手段はいろいろありますが、今注目されているのが夜行バスです。

夜行バスの最大のメリットは飛行機や鉄道に比べて安価な運賃で、飛行機と鉄道のおよそ13000円前後の料金に対し、夜行バスは3000円前後で行くことができます。

東京と大阪の往復になると20000円近くの料金差があるので、旅行などの場合、遊興費に大きく影響する金額となります。

しかし、デメリットは移動時間で、飛行機の約1時間30分、鉄道の約3時間に比べ、バスの場合は8時間から10時間かかるので、急いでいる場合にはあまり適しません。

ただ、東京を深夜出発すると大阪には朝到着しますので、寝ている時間に移動するので時間を有効に使えることはメリットのひとつです。

従来の夜行バスはシートが多少ゆったりしているものの、隣との仕切りなどがなくプライバシー問題や長距離移動による疲労などであまり人気はありませんでした。

しかし、現在は料金によってさまざまなスタイルのバスが運行しています。最も多いのが4列シートですが、料金が安い代わりに隣の人と常に並んで座っている状態なので疲労感が大きくなります。

よりゆったりした3列シートや個室タイプなどもありますが、快適さを追求すれば運賃は高くなり、6000円から1万数千円の運賃が必要になります。

夜行バスは予約のタイミングや出発日などでも運賃に差が出てきますので、自分のスケジュールに合わせてバス会社各社の運賃を調べることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *