バス会社とホテル運営会社による新規利用者開拓

バスを運行している会社及びホテル運営会社が、未来になっても組織を残したいときは色々なことをする必要があります。

とりわけ大事なことは、将来になっても組織が残っている状態を作り上げるということです。そのためには、長期に渡って両者を利用するための新たな需要を作り出す必要があります。そこで両者による協力をすることによって、次のようなサービスを考え出すことが可能となります。

それは現在の子供世代を対象として、その世代に対するサービスを作り出していくということです。そして子供たちにバスとホテルを大人になっても利用し続けてもらい、将来的に組織が残るようにするのです。

すなわち未来の世代である現代の世代をターゲットとして、長期に渡り利用を続けてもらうということです。例えば小学生の場合、夏休みや冬休みや春休みにバスを使ってホテルに招待してサービスを供給します。

そのとき次回において使うことができるポイントカードも作っておき、小学生たちに渡していきます。また中学生の場合、特に受験生に対しては勉強をすることができる部屋を提供するというサービスを出します。

なおバス会社においては、彼らが利用しやすいように特別料金などを設定しておいて繰り返して乗車してもらいます。このように両者が協力して将来の顧客を作り出すことで、未来における主な利用者になってもらうのです。そして未来になっても、その時代で同様のことを行って組織を残していくという方法を採用するのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *