コンセントアダプターは海外ツアー必需品

海外ツアーに行って気づくことの一つに、電源コンセントの形状が日本とは異なるということがあります。

コンセントの形状なんて世界共通と思っているとびっくりさせられます。日本では二本の平行な棒状になっていますが、海外ツアーに行くと本当にさまざまです。まず、差込口が3つあるものがあります。電気はプラスとマイナスの2つしかないのにどうして3つもあるのかと思うのですが、3つのうちの一つは実はアースです。日本でも、洗濯機など水周り機器ではアースが取れるようになっているコンセントがありますが、それが予めプラグに組み込まれているわけです。

また、同じく2本ではあるものの、棒状ではなく丸いものや、棒状ではあっても平行ではなくカタカナのハの字になっているものなど、どうして世界共通規格にしないのだろうと思うことばかりです。当然のことですが形状が異なるとそもそも差し込むことができませんから、日本の電化製品は海外ツアーに持っていってもそのままでは使うことができません。

そこで役に立つのがプラグ形状変換アダプターです。上に述べたとおり世界には各種各様の形状がありますが、優れものでは、一つの製品であらゆる形状にマッチできるようになっています。まるでパズルか何かのように、世界中のどんなタイプのコンセントにも合うようになっているのです。これさえあれば、日本からタブレット、スマホやドライヤーなどを持っていっても海外で使うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *