海外ツアーでは機内持込品に注意

海外ツアーでは国際線の飛行機を利用することになりますが、機内持込品の制限がありますので注意しましょう。

当然ながら危険物、凶器になると判断されるものや花火、カセットボンベなどは持ち込めませんが、これは国内線であっても同じです。海外ツアーで利用する国際線の場合はこれらに加えてさらに制限がありますので注意しましょう。それは、液体物です。機内に持ち込める液体物には制限があり、おおまかに言って一個あたり100ml以下で合計が1リットル以下でなければなりません。

例えば、機内で飲みたいからと500mlのペットボトル入りのミネラルウォーターなどはそれだけでアウトです。また、ここでいう液体物とは普通に考える液体よりは範囲が広く、水やお茶のように誰が見ても文句なく液体であるもののほかにも、ジェル状、ペースト状のものも含みます。何らかの容器に入っていないと自分ではその形を保てないようなものは全て液体物と見なされます。

該当する可能性の高いものとしては、もちろん飲み物のほか、例えば歯磨き粉、チューブやボトル入りの化粧品類など、クリーム、ローション類は全て含まれます。このようなものは手荷物検査の際にチェックされ、100ml以上のものや合計が1リットルを超えていると放棄することを求められます。なお、手荷物検査終了後に購入した飲み物や化粧品などは機内持ち込み可能ですが、海外の空港で乗継のあるツアーの場合は、その空港で没収されることもありますので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *