ツアーコンダクターの仕事となるために必要なことは?

ツアーコンダクターの仕事は、旅行会社のパック旅行や団体旅行等に同行し、安全で快適な旅行ができるように案内することで、添乗員と呼ばれることもあります。

旅行先の情報を調べる等の事前の準備に始まり、当日は観光スポットの案内やチケット手配、トラブルの対応等様々な場面で手ぬかりなく対応し、お客を解散場所まで無事送り届けるまで気が抜けない仕事です。特に海外旅行では盗難等のトラブルが起こることも多く、ツアー客が自由に観光や買い物をしている時も、次の目的地への準備や事務作業等で休む暇がありません。業務終了後は精算や報告書の作成があります。働き方は大きく分けて二種類で、旅行会社に所属する場合とツアーごとに依頼を受けて働く、いわゆるフリーランスのツアーコンダクターもいます。

ツアーコンダクターとして働くためには、旅程管理主任者という資格が必要です。この資格には国内旅程管理主任者と総合旅程管理主任者の二種類があり、前者は国内旅行のみしか取り扱うことはできませんが、後者の資格を取得すると国内に加え、海外での添乗もできるようになります。この資格がないのに、一人で添乗業務を行うことは旅行業法で禁止されていますので、ほとんどの場合は旅行会社に就職したり、派遣会社に登録した後にこの資格を目指すことになります。

資格取得の要件は、(社)日本添乗サービス協会等の観光庁長官の登録を受けた機関が実施する旅程管理研修の修了者(合格者)であることと、旅行業法で定めた一定の添乗実務を経験していることです。一定の添乗実務とは、旅程管理研修終了日の前後1年以内に1回以上、または旅程管理研修終了日から3年以内に2回以上です。この条件を満たした人には「旅程管理業務を行う主任者証」が発行されます。知らない場所の情報を詳しく調べたり各地の文化風習に興味をもつことができる人、また、海外添乗を目指すのであれば語学力も求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *