北海道の利尻島と礼文島を満喫できるツアー

利尻島と礼文島は北海道の北部、稚内から西へ少し離れた海上に浮かぶ美しい島です。

礼文島は200種類を超える高山植物が群生しているため、花の浮島とも呼ばれています。東京発のツアーで利尻島や礼文島を訪れる場合、2泊3日のプランだと5万円台から参加可能です。3泊4日のフリープランのツアーなら、3万円台前半から4万円台で参加することができます。東京から北海道までは飛行機で移動し、稚内空港へ到着した後はツアーバスに乗って様々な観光スポットを巡ります。稚内港に北防波堤ドームは、高さ14メートル、全長427メートルのゴシック建築風の大型防波堤です。

この防波堤は1931年から5年の月日をかけて建てられたもので、北海道遺産にも選ばれています。稚内港からは船に乗って利尻島へ向かいます。利尻島では利尻温泉に宿泊し、地元で釣れたヒラメなど海鮮料理を楽しむことができます。利尻島にある姫沼は有名な観光スポットで、湖面に映し出された利尻富士が絶景です。この利尻富士は日本百名山の一つにも数えられています。

オタトマリ沼は利尻島の南東部にある有名な観光地で、その美しい風景は北海道の有名なお菓子のパッケージデザインにも採用されています。礼文島ではイクラやウニのほか、地元で獲れた鮮魚を用いた舟盛などを味わうことができます。礼文島の元町地区には桃台猫台と呼ばれる展望台があり、大海原に浮かぶ猫岩や、高さ250メートルにも達する桃岩などを眺めることができます。澄海岬は礼文島の西北部にある岬で、透き通るような青い海と美しい海岸線を一望することができます。
usjのバスのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *