ツアーバスの途中休憩所での注意点

バスツアーを利用中、パーキングエリアに立ち寄った際などに途中下車する場合は、バスに戻れるよう、あらかじめ注意しておく必要があります。

特に、トイレ休憩のためだけに立ち寄った場所で、下車するツアー客がごく一部である場合は要注意です。観光シーズン中であれば、同じような観光バスが数え切れないほど停車していることがあります。ツアー客は、自分の乗ったバスの外観を憶えていないこともあるため、事前に用心しておかないと、バスに戻れなくなることもあります。初めての場所だと、見る方向が違うと、来た道がわからなくなりがちです。

手洗い所に向かうときの光景と、手洗い所からバスに戻るときの光景を関係づけるのは難しいものです。普段車を運転しない人、方向音痴だと言われたことのある人は特にそうです。何十台停まっていようと、バスを一台一台確認して探せばいいこととではありますが、方向感覚も失っている場合は、途中でまた同じ場所に戻って堂々巡りする可能性もあり、すべてを当たるのが困難なこともあります。

迷って自分のバスに戻れなくなったときのために、必ず携帯電話は持ち歩くようにしましょう。最終的にはドライバーに電話して教えてもらうしかありません。ドライブイン関係者に聞いても、わかることではないからです。バスを降りたら、携帯電話で周囲を撮影しながら歩くのも良い方法です。帰るときの道しるべになります。日暮れ以降の場合は、特に戻れなくなりがちですので、注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *