京都でラフティングと言えば保津川

ラフティングとは川下りで、京都では保津川で主に行われています。

保津川とは関西一の激流スポットとして有名である反面、アクセスのしやすさからアウトドア体験や川下りを気軽に出来るところが特徴的です。激流のレベルは様々であるものの、その合計はおよそ20か所だと言われています。源流は丹波高地からで、山間から亀岡市を通って更に山間から嵐山に流れて鴨川に流れ着く保津川は保津峡でも有名です。保津峡は文字通り保津川を挟んだ峡谷で、険しい山肌とともに彩る自然は京都のラフティングスポットにふさわしいと言えます。

自然的な観光地が多い嵐山とあって風流な遊覧船も行きかう峡谷は四季折々の風景も楽しめるものです。例えば春なら山桜が咲いて花吹雪が散り、夏は躑躅と鹿の鳴き声が響くと言われています。秋は紅葉と時雨を満喫でき、冬は雪景色が見所だとされているものの、景色を優先的に楽しみたいならはガイド付きの川下りの舟のほうがお勧めです。

現在確認されている京都のラフティングは、アウトドア体験を重視したプランと水運で栄えた時代の名残を目にできるプランに大まかに分けられます。どちらも激流を楽しめるものの、先述したように前者はアウトドアを、後者は歴史と風景を堪能できるところが違いです。もっと言うなら前者はファミリー向けで、後者は個人や大人向けと言えます。基本的に四季の全てを体験できますが、客は雨期に入る前の5月と涼しさを求める8月、そして秋が深まる11月に集中しているのでそこが見所のシーズンです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *