ニセコの大自然の中を楽しむ尻別川ラフティング

北海道の尻別川を下るラフティングは、避暑地としても人気の観光地ニセコの夏で一番人気のアクティビティーです。

仲間や家族、恋人とラバーボートに乗り込み、仲間と力を合わせる一体感を感じながら激流の中を下っていきます。尻別川を下る長良川のラフティングは、春コースと夏コースに分かれています。これは、春の訪れとともに大量の雪解け水で尻別川が2メートルも増量するためです。春コースでは、比羅夫駅からニセコ駅の間はホワイトウォーターといわれている夏よりも激しい激流の中を下るので、スリルがありアドレナリンが全開になると大人気です。

雪解け水が落ち着いた6月ごろからは夏コースとなり、春コースよりも上流のコースを楽しむことができます。適度に水しぶきが上がる場所があり、羊蹄山の麓にある大自然の景色を眺めたり、川の中を泳いだり、飛び込みをして遊んだりと激流を楽しむ春と一味違ったラフティングを楽しむことができます。ラフティングは、一度体験するとその楽しさと初心者でも気軽に楽しめる遊びやすさからリピーター率が非常に高いレジャースポーツとして人気を集めています。ニセコでは、ラフティングを体験できるお店が20店舗ほどあり、さまざまなプランが用意されています。

家族づれでお子様やシニアも参加できるものや、貸切で楽しめるもの、時間がないから短めに楽しみたいなど希望に合わせてプランを選んでみてはいかがでしょうか。中には安全性は少し下がりますが、少し危険なルートに挑戦させてくれるショップなどもあるそうなので、チャレンジ精神が溢れる男性グループの方は検討してみるのも面白いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *